「自分相談8」良い案が思い浮かばないときの思考法 おすすめ3選(発想力・アイデア力)

how-to-think-when-you-cant-come-up-with-an-idea 自分相談/悩み

どーもみなさん!!かみやんです。

最近、もやもやした感覚が頭の中を駆け巡っていたので、
 
今回もちょっと自分に相談していきます。
 

あー、なにも思い浮かばない。

なんか、行き詰まってる感あるなってとき、よくありますよね。

少しざっくりしてるので、どういうことか分からないと思いますが、

基本的になにかに行き詰ったり、なにかアイデアを出さなきゃいけない時

これからお伝えする方法、知っておいて損はないと思います。(笑)

ちなみに僕の場合、今ブログを書いていますが、

「なに書こう?」「全然良い記事思いつかない。」

なんてときにも、たまに使う思考法です。

では、書いていきます。

リンク

良い案が思い浮かばないときは?

考える人

アイデアって、ふとした時に出てきますよね。

常日頃から考えている人は、ふとしたときに頭の中でなにかが繋がって『アイデア』として生まれてきます。

逆に頭を使わないとどんどん退化していくので、思考が停止してアイデアが出にくくなります。

【固定概念が強い人】なんかも同様です。

ただそんなことはいっても

「頼まれてしまって案を出さなきゃいけない」とか、

「どうしても今すぐアイデアを思い付きたい」

というときがありますよね。そんなときおすすめな思考法はこちらです。

おすすめの思考法 3選

・欠点列挙法
・希望点列挙法
・チェックリスト法
 
もちろん他にもいろいろありますが、今回は手軽に出来るこの3つをご紹介します。

欠点列挙法

欠点列挙法とは、すでに世の中にある既存の商品の欠点を並べて、その改善策を上げていく方法です。

せっかく今ブログを書いているので、例えばブログのネタに困っているとしましょう。

ブログでこの思考法を使う場合、自分の悩みを一通り上げていって、その解決策をひたすら書いていくという方法が使えます。

自分を含め誰か1人でも困っていることは、少なくとも他にも困っている人は必ずいるはずです。

なので自分の悩みを解決していくだけでも、需要はあると思いますし、自分の悩みなので考えやすいです。

本来は、今世の中にある既存の商品の中で「ちょっと不便だな」と感じる物を、改善して新商品として出す思考法です。

もっと他に良い例えがあったとは思いますが、思い浮かびませんでした。次行きます。

希望点列挙法

希望点列挙法とは、自分が未来にいると仮定して、どんな商品があるか、どんなものがあったら嬉しいかを考える思考法です。

ここでも少し例を出しますが、

「今こんなコミュニティがあったら、1年後もブログを楽しく続けていられるだろうなぁ。」

など、自分が欲しいものを想像する方法です。なんなら自分でコミュニティを作ってしまおうというものです。

少し例えのニュアンスが違いましたが、未来に想像を働かせて「こんなものあれば便利だな、いいな

そのためにどうしたら良いのかを考える発想法です。

チェックリスト法

チェックリスト法とは、

『外国人になって発想してみたら?』『他のもので代用できないか?』『組み合わせてみたら?』『逆にしてみたら?』『分割したら?』『昔に戻ってみたら?』『切り捨ててみたら?』『他の用途は?』
 
など、たくさんあるチェックリストにしたがって検討してみる方法です。
 
アイデアは、0から生み出すことはとても困難です。
 
既存のものと組み合わせてみたり、いろいろなものを参考にしながら考えることが必須です。

まとめ

今回は、この3つをご紹介しました。

他にも【マインドマップ】を作るなどいろいろあります。

参考になるので見てみてください!↓

5分でわかる、マインドマップの書き方と意味 | Lucidchart
マインドマップとは、一種のアイデア発想法です。このマインドマップ書き方と作成法ガイドは、マインドマップの意味や描き方・書き方ステップを活用方法や事例を元に詳しく説明ご紹介していきます。発想力や記憶力にも効果があると言われている「マインドマップ」に関して、このマインドマップ描き方ガイドと動画で学びましょう。

僕がお気に入りの「マイケル・ポーターの競争戦略」や「デザインコンサルタントの仕事術」の破壊的思考もおすすめです。

とても参考になった本です。

いろいろな考え方がありますが、書いていると長くなってしまうので今回はこれくらいにします(笑)

 なにかに行き詰った、なにも思い浮かばないときは、1度試してみる価値ありです!

 

なかなかアイデアは出てきませんが、考え続けていればふとした瞬間必ず出てきます!

みなさん一緒に頑張りましょう!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました