【難解4】検索しても圏外 順位すら付かない原因は?改善方法は?『ブログ』

it-does-not-come-out-even-if-search 趣味

どーもみなさん!!かみやんです。

前回の記事で、

「全然インデックス登録されないんだけど!!」

という記事を書きました。

記事を頑張って書いても、インデックスされなければ検索に引っかかりません。

検索に表示されず読まれなければ、悲しいですよね。

インデックス登録で困っている人はこちらを参考にどうぞ

そして今回、

「はい、インデックスされました」と。

問題はそこからですよね。

ずっと圏外

検索順位チェックツールを使ってもランキングすら表示されない。

さて、どうしたらいいのでしょう?

リンク

圏外とは?

「あー、この記事、需要ないのかなぁ。」

ってへこみますよね。

軽く調べていて思ったんですが、

そういう記事は『放置、もしくは消去でいい。』って説明してる記事が多いんですよね。

消去、、、

「あんなに時間をかけて、情熱入れて作った記事を消去!?」

なんかやりきれない気持ちになりますよね。。

もうすでに充分な収益があって、

記事も充分にある人であれば、簡単に消せると思います。

むしろ消した方が、SEO的にも評価が上がるとされています

ですが大抵の人は「消去するしかないのか、、」という感じで泣く泣くだと思います。

ほんとに消去するしかないのでしょうか?

そもそも圏外とは、検索順位が 100位より下になってしまっている記事のことを主に言います。

圏外

この 「-」が入っている、数字の入っていないところです。

もしくは順位が付いていたとしても、なにかしらペナルティを受けて急にどこかに飛ばされてしまうことがあります。

検索しても圏外の理由

インデックスされていて、検索順位すら付かない原因はいくつかあります。

・記事が若い
・シンプルに競合が多い
・内部構造が弱い
・ペナルティを受けている

他にも理由はありますが、

ここをチェックしておけば、とりあえず圏外は脱出できると思います。

ひとつずつチェックしていきましょう!

記事が若い

サイトが若かったり、書いたばかりの記事は上位の順位が付きずらいです。

これは、もうしょうがないですね。

時間が解決してくれます。気長に待ちましょう!

シンプルに競合が多い

競合が多いジャンルの記事を書いてしまっているのも原因のひとつです。

競合が多いジャンルの上位は【専門家】や【猛者達】で溢れかえっています。

よっぽど詳しいか、独自性がないとランクインしません。

まずは、ニッチなジャンルを狙っていく。

もしくは同じジャンルでも、キーワードを変えて狙っていきましょう

違うキーワードで評価されている可能性が多々あります!

内部構造が弱い

当たり前ですが、記事の内容が薄いと検索順位は下がります。

内部リンクで導線を作ることや、

タイトルと、記事の内容がずれていないか確認してみましょう!

ペナルティを受けている

Google 側からペナルティを受けていると、記事が圏外に飛んでしまうことがあります。

ペナルティの詳細は、前回の記事にも貼りました『Googleガイドライン』に書いてあります。

が、なにが原因かを特定するのは難しいです。

その中でも、知らずにやってしまっていることが多いペナルティが、

この Googleガイドラインにもある『キーワードの重複』かなと思います。

上位表示させたいキーワードを、知らずに記事内で乱用してしまっている件です。

1つのタグに何回もそのワードを入れてしまうと、ペナルティになる可能性があります。

多くても1つの段落に1、2回で抑えたい所です。

意外と自分で思っているよりキーワードは多く入れがちなので、

同じタグに複数入れていないか、確認してみましょう!

改善方法

僕も、何か月も順位が表示されない記事、

順位が付いてたのに、急に圏外に飛ばされた記事があります。

いろいろ試行錯誤の上、リライトして順位が上がった記事もあります。

その効果があった方法をお伝えします。

*ちなみに圏外から36位、39位→11位など、複数です。
上がっても微量ですが。(笑) 最近も、圏外の記事を量産中です。そろそろまた改善します。

リライト方法

まずざっくり言うとこんな感じです。

・タイトルをリライト
・タイトルと内容のずれ修正
・キーワードを入れた方が良い場所は?
・内部リンクでつながっているか
・似たような記事との違いがはっきりしているか

タイトルのリライト

これは知ってる人も多いと思いますが、タイトルには上位表示させたいキーワード、

狙っているキーワードを必ず入れましょう!

もしくは、サーチコンソールクエリを見て

表示回数が多いキーワードを含めます。

狙っているキーワードではないもの、違うワードが評価されている場合があるので確かめておくようにしましょう!

注意点は、あくまで自然な形で入れることです。

ただ不自然に単語を並べたようなタイトルだと、逆効果です。

タイトルと内容がずれていないか?

タイトルを変更して、記事の内容とずれてしまうことがたまにあります。

読者が読んだときに、

「あれ、これ思ってたのと違う。」

となると、読者は離脱してしまいますよね。

クエリを見て、自分が伝えたいことじゃないキーワードの表示回数が多い場合は、

また別の記事で、伝えたいことを書いてみるのも良いかもしれません。

順位には離脱率も影響するので、

『読者はなにを知りたがっているのか?』を忘れず、読者の気持ちを考えるようにしましょう!

キーワードを入れると良い場所

見出しはもちろん、

意外と効果があったのは【画像のaltタグ】【ディスクリプション】【リンクテキスト】

にも、キーワードを入れてみると良いかもしれません

効果は定かではないですが、入れた記事の順位は上がりました。(笑)

内部リンクでつなげる

まず、どこからもリンクされていない記事は、

クローラーが訪れにくいです

内部リンクをつなげることによって、表示されやすくなります。

読者の滞在時間も上がるので、内部リンクでサイト内に導線を作れているか確認しましょう

似たような記事との違いがあるか

1つのサイト内で、似たような記事が2つあると両方とも相互して順位は下がる傾向にあります。

違いをはっきりさせること、

タイトルやコンテンツを変えて、違うところをはっきり押し出す構成にしましょう!

まとめ

自分が頑張って時間をかけて書いた記事が、検索してもずっと圏外。

「やっぱり需要ないのか、。」なんて思いますよね。

ですが、もしかしたら違うワードであなたの記事が評価されているかもしれません

ブログを始めたての人ほど、順位も上がらず、消すのにも抵抗あると思います。

なので今回は、まず消す前に出来ることをしようという記事でした。

記事が反映されるまでは、多少の時間差があります。

まずは気長に待ってみましょう!

自分に余裕が出てきてから消す、でも遅くはないです!

ということで、みなさん頑張りましょう!(笑)ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました