「難解3」リクエストしてもインデックスされない原因(ブログ・ワードプレス編)

インデックス 趣味

どーもみなさん!!かみやんです。

「あれ?全然インデックス登録されない。。」

って悩んでる方いますよね?

はい、最近まで僕が悩んでただけです。

1ヵ月以上インデックス登録されないなんてことも結構あります。

記事をいじくりまわしてたところ、

あることをした途端、急にインデックス登録されたので

「全然インデックスされないよー!」と悩んでる方は参考にどうぞ。

タイミング的にたまたま登録された可能性もありますし、ただ単にエラーということもあるので参考程度にご覧ください。

リンク

インデックス登録?

ブログでのインデックス(index)とは、Googleに認識されるということです。

ということは、インデックスされなければ Google 検索しても自分の記事は一向に出てきません。

どれだけ良い記事、質の高い記事を書いても誰にも見られない・読まれないということになります。

インデックス確認方法

まずはインデックス登録されているかどうかの確認方法・登録方法を知らない方、簡単に説明します。

Google Search Console へGO → カバレッジ → 検出-インデックス未登録 をクリック → URLをクリックし、URLを検査 → インデックス登録をリクエストをクリック。
 
以上で終わりです。
 
通常は、リクエストしなくても登録されることがほとんどです。
 
ですが、されていない時も多いです。
 
その抜けを無くすために、記事を更新したらその都度リクエストしておくのが鉄則です。
 
はい、しかし問題はここからですね。

インデックス登録リクエストしてもインデックスされない

悩む

インデックス登録リクエストすると、なにもなければ数日程度でインデックスされます。

ですが、僕が悩んでいたここからが本題です。

何度インデックス登録リクエストしても、インデックスされない。。

待つしかないと思っていたのですが、1ヵ月待っても変わらないので、とうとう修正開始です。

インデックスされない原因

Google さんのガイドラインでは、このような原因が述べられています。

  • 自動生成されたコンテンツ
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 充分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • 構造化データのマークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

Google ガイドラインより

これらをしてしまうとインデックスされなかったり、もしくは消去されてしまいます。

多いような気がしますが、普通にブログを書いている人はやらないことばかりです

上の3つと下の3つは、ザ・不正みたいなものです(笑)

他のものは、普通ならやらないことですが、

場合によっては、知らずにやってしまっている可能性があります。

今回は、ここから原因を探っていきました。

クローキング?

クローキングとは、人間のユーザーと検索エンジンに対しそれぞれ異なるコンテンツ、URLを表示することです。

簡単に言うと、アクセスする人によって表示するコンテンツやURLを分けることです。

検索エンジンがアクセスしてきた時にだけ、評価の高いキーワードを返す行為を一般的に「クローキング」というそうですが、

自分にはそんな高等テクニックはないので、関係ありません。

不正なリダイレクト

リダイレクトは、最初にリクエストされたURLとは別のURLに移動させることを言います。

要は、同じURLで別のサイトなどに移動させることです。

新しいサイトで同じアドレスを使う場合や、複数のページを1つに統合したい場合は、正当なリダイレクトになります。

検索エンジンを騙すようなリダイレクトや、

先程のクローキングと似ていますが、ユーザーとクローラーにそれぞれ異なるコンテンツを表示するためのリダイレクトもあります。

そういう場合は違反とされますが、こちらも自分には関係ありません。

隠しテキスト・リンク

名前の通り、テキストやリンクを隠して設置することです。

画像にテキストを隠して、全く別のサイトへ移動させたり、

白背景に白リンクなどを使用して見えにくくすること

まとめると、ユーザーが見えにくいようなものが含まれます。

こちらは、悪意がなくても、知らずに間違ってやってしまっている可能性があると僕は踏みました。

無関係なキーワードの詰め込み

そしてもう一つ。

不自然にキーワードなどを詰め込んでいると、

ユーザーの利便性が低下し、悪影響が及ぶ可能性があるということです。

こちらも、わざとではなくても、不自然な形になってしまう可能性はありますね。

今回改善した問題点

結論言うと、

今回改善してみて「あ、これかな。」と思った点は、

「詰め込みすぎたリンクの消去」です。

参考になればと、無駄に外部リンクなどを入れてました。

こういう無駄な重複も良くないのかな?って気がします。

とはいうものの、1ヶ月ほどインデックスされない記事を

隠しテキスト・リンクっぽくなっているところはないか?」「不自然にキーワードを詰め込んでないか?」

に注意して見て、気になるところを片っ端から修正していたので、

正直、どれが効果的だったのかは定かではありません。

みなさんも「ここ無駄かな?」というところを消していってみて下さいね。(笑)

Google Indexing API

こちらは最終手段です。

本来はインデックスさせるためのものではないことと、設定が難しいため、

どうしてもインデックスさせたいときに使いましょう!

こちら難しいので、分かりやすい方の記事を載せておきます。

Google Indexing APIの導入方法・使い方 | 早くインデックスさせる | CHIYOBLOG
Google Indexing APIの設定と使い方を解説。新規記事の更新・リライト情報を早くインデックスしてもらいたい。そのような人は、Google Indexing APIを使用すればどんな方法よりも早くクローラーをサイトに呼ぶことが可能です。

今のところ最強のインデックス方法です。

ついでに

ついでに、インデックスされやすくするためには、サイトマップを作ることもおすすめです。

クローラーが巡回しやすくなるそうです。

サイトマップを作るには、

Google XML Sitemaps」や「PS Auto Sitemap」のプラグインを入れるだけで自動生成してくれるので、ぜひ入れてみて下さい。

なかなか原因を見つけるのは難しいと思いますが、みなさん一緒に頑張っていきましょう!

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました